必見!社用車管理 安全運転管理者の方へ

AUTOBACS SEVEN

必見!社用車管理
安全運転管理者の方へ

アルコールチェッカー(検知器)導入時に考えておくべき運用ルール【社用車管理】

安全運転管理

アルコールチェッカー(検知器)導入時に考えておくべき運用ルール

飲酒運転による重大事故を防ぐため、これまで緑ナンバーに義務付けられていたアルコールチェッカー(検知器)を用いた酒気帯び検査。道路交通法の改正によって、2022年の4月からは新たに「乗車定員が11人以上の白ナンバー車を1台以上保持」、または「白ナンバー車5台以上を保持」する企業も義務化の対象となるのをご存知でしょうか。

そこで今回は、これからアルコールチェッカーを導入する企業のため、導入に際して考えておくべき運用ルールのポイントについて詳しく解説していきます。

白ナンバー事業所でのアルコールチェックが義務化

これまで主に運送業や運搬業などの「緑ナンバー」を対象に義務づけられていた、アルコールチェッカー(検知器)を用いたアルコール検査。2022年からは一部の白ナンバーの車も義務化の対象となることが、道路交通法の改正によって決まりました。

その背景にあるのが、2021年6月に千葉県八街市で起きた白ナンバートラックの運転手による飲酒運転事故です。この事故により、通学中の児童5名がはねられ、そのうち2名の尊い命が失われました。この事故を受けて、白ナンバー事業者向けの道路交通法改正が決まったのですが、対象となる事業者から準備が間に合わないという声が多数上がったため、2022年4月と2022年10月とで段階的な導入となったのです。

では、実際に道路交通法施行規則の改正について、詳しい内容を見ていきましょう。

対象となる企業

定員11人以上の白ナンバー車を1台以上使う事業者、または白ナンバー車を5台以上保持している事業者。

義務化の内容

  • 目視とアルコール検知器による酒気帯びの確認
  • アルコール検知器を常時有効に保持すること
  • アルコール測定の記録を1年間保存すること

アルコールチェッカー導入時に考えておくべき運用ルール

アルコールチェッカーを導入する際には、以下の内容を参考にして運用のルールを考えていきましょう。

測定結果の管理方法

アルコールチェッカーの種類によって、測定結果の保管方法が異なります。これまでのアルコールチェッカーで多かったのが、紙(プリント)で保管をするタイプ。検知器の本体から測定結果がレシートのように印字され、記録簿に貼り付けて保管をします。

機種によっては、検知器本体にSDカードが内蔵されていて結果が保管できるものや、PCに転送・保存ができるタイプも。紙タイプに比べて保管の手間が少ない一方で、記録媒体の容量に応じて保存件数に限度があるのがデメリットです。

そして、近年主流となりつつあるのが、測定結果がそのままクラウドへ保存されるタイプ。測定と同時に結果が保管されて管理がしやすいのがメリットです。

出張時の検査方法

営業職などで出張先でも運転をする場合には、オフィスから離れた場所でアルコールチェッカーによる検査を行う必要があります。この場合、モバイル型でクラウド保管タイプのアルコールチェッカーを導入することで、遠隔地でも測定をすることができます。

不正の防止方法

オフィスから離れた遠隔地で検査をする場合、検知器のすり替えや成りすましなどの不正が行われるケースも少なくありません。こうした不正を防ぐためには、検知器と本人を同時に認証するタイプや、測定時の写真が撮影されるタイプのアルコールチェッカーを導入するのが効果的です。

部門別の管理方法

事業所の規模が大きい場合、測定結果の管理が複雑になりがちです。その場合、部門別に分けて検査を行い、それぞれに管理者を設定するなどの方法を決めておく必要があります。

クラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」のメリット

これからアルコールチェッカーの導入を検討している企業には、クラウド管理型のアルコールチェッカー「ALCクラウド」もおすすめです。ここからは、そのメリットについて詳しくご紹介していきます。

ペーパーレス管理

アルコールチェッカーで測定した結果は、1年間の保管が道路交通法によって義務付けられています。ALCクラウドであれば、測定したデータはそのままクラウドに記録されるため、記載ミスや入力ミスを防ぎ、管理の負担を軽減することが可能です。また、記録したデータはCSVファイルでダウンロードすることもできるため、必要な情報を簡単に確認することができます。

遠隔地でも測定可能

ALCクラウドは持ち運びに便利なコンパクトサイズのため、出張先などオフィスから離れた遠隔地でも社員のアルコールチェックができます。スマートフォンのカメラと連動することで、測定者の測定場面が撮影され、測定日時、場所、測定者の顔写真を記録することが可能です。これによって、遠隔地での測定で問題になる成りすましなどの虚偽報告を防ぐことができます。また、測定した結果はそのまま本社の運行管理者や責任者に送信が可能です。

管理がしやすい

ALCクラウドは測定者の氏名や測定結果を直感的に確認することができるため、管理者側にとっても扱いやすいのが特徴です。管理者画面ではグループ設定してそれぞれのグループに管理者を設定することもできるため、部門ごとで管理をすることも

初期コストを抑えられる

ALCクラウドの導入コストは、本体の購入代金と月額のクラウド利用料金のみです。ALCクラウドは1本から購入することができるため、初期コストを抑えて必要な分だけを手軽に導入することができます。

アルコールチェッカーを導入しても、適切に運用されなければ酒気帯び運転を未然に防ぐことはできません。導入効果を最大限に高めるためにも、事前にしっかりと運用のルールを制定しておくことが大切です。初めてアルコールチェッカーを導入する場合には、自社の運用方法に適しているのか、まずはトライアルをしてみるのがおすすめです。

アルコールチェッカーの導入をご検討の際は、オートバックスセブンのクラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」について、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事はこちら

【社用車管理】出張時のレンタカー使用時や直行直帰時のアルコールチェックはどう行う?

【社用車管理】出張時のレンタカー使用時や直行直帰時のアルコールチェックはどう行う?

飲酒運転による重大事故を防ぐため、これまで緑ナンバーに義務付けられていたアルコールチェッカー(検知器)を用いた酒気帯び検査。道路交通法の改正によって、2022年…

安全運転管理

【社用車管理】白ナンバー事業所のアルコールチェック義務化について解説

【社用車管理】白ナンバー事業所のアルコールチェック義務化について解説

飲酒運転による重大事故を防ぐため、これまで緑ナンバーに義務付けられていたアルコールチェッカー(検知器)を用いた酒気帯び検査。道路交通法の改正によって、2022年…

安全運転管理

【社用車管理】白ナンバー事業者にも義務化となる酒気帯びの点呼確認方法とは?

【社用車管理】白ナンバー事業者にも義務化となる酒気帯びの点呼確認方法とは?

飲酒運転による重大事故を防ぐため、これまで緑ナンバーに義務付けられていたアルコールチェッカー(検知器)を用いた酒気帯び検査。道路交通法の改正によって、2022年…

安全運転管理

【社用車管理】安全運転管理者の義務と罰則とは? アルコール検査義務化でどう変わる?

【社用車管理】安全運転管理者の義務と罰則とは? アルコール検査義務化でどう変わる?

飲酒運転による重大事故を防ぐため、これまで緑ナンバーに義務付けられていたアルコールチェッカー(検知器)を用いた酒気帯び検査。道路交通法の改正によって、2022年…

安全運転管理

ページトップに戻る