必見!社用車管理 安全運転管理者の方へ

AUTOBACS SEVEN

必見!社用車管理
安全運転管理者の方へ

【社用車管理】白ナンバー事業者にも義務化となる酒気帯びの点呼確認方法とは?

安全運転管理

安全運転管理者は、要件を満たした事業所への配置が義務付けられています。2022年4月1日から目視での酒気帯びの有無の確認が業務内容に追加されました。点呼確認の際は、指定された方法でアルコールチェックを行い、安全運転の奨励や交通事故の防止に努める必要があります。これは、白ナンバー事業者も例外ではありません。

ここでは、白ナンバー事業者にも義務化される酒気帯びの点呼確認方法について詳しくご紹介します。

白ナンバー事業者における点呼確認

白ナンバー事業者とは、自家用車と同じ白ナンバーの車を使用する事業者のことです。営業担当者や役員送迎の担当者が使用する社用車、公用車、配送用の車両などには、白ナンバーの車を使用できます。白ナンバー事業者の点呼確認について、次の2つをチェックしておきましょう。

白ナンバー事業者でもアルコールチェックが義務化

白ナンバーを5台以上、あるいは定員11人以上の車を1台以上使用する事業所は、安全運転管理者を選任する必要があります。2022年4月1日から、運転前の点呼、運転前後のアルコールチェックを目視で行うことが義務化されます。同年10月1日からは、アルコールチェッカーによる測定が必要になる予定です。

点呼記録の保管のコスト

点呼の際にアルコールチェックを行い、その記録を1年間保管することが義務化されま     す。記録のための工数や保管場所などにコストがかかるだけでなく、1年が経過した記録を随時適切な方法で破棄する、必要に応じて警察に提出するなど、さまざまな対応が必要となります。

安全運転管理者の専任が必要な事業所が多数ある企業の場合、それだけ人的コストが増大することが予想されます。

白ナンバー事業者における点呼確認の注意事項

白ナンバー事業者が点呼確認する際には、いくつかの注意事項があります。ポイントをまとめましたので、しっかりとチェックしておきましょう。

酒気帯び確認をするタイミング

酒気帯び確認のタイミングは、運転の前後です。ただし、運転する度に行うのではなく、運転を含む業務の開始前・出勤後、終了後・退勤時に行うのみで問題ありません。

目視確認の内容

ここでいう「目視確認」は、運転者の顔色や呼気のにおい、応答時の声などを確認することです。これらの確認は対面が原則ですが、直行直帰のケースでは他の方法で実施すれば問題ありません。例えば、カメラやモニターなどを使う、携帯型アルコール検知器を携行させる、スマートフォンや無線などで対話するなどの方法があります。

アルコール検知器の性能等

アルコール検知器は、酒気帯びの有無を色や音、数値などで確認できれば性能の要件は問われません。なお、アルコールを検知した際に原動機を始動させないシステムを採用したものも含まれます。

他の事業所の自動車を運転する場合

自分が所属している事業所がA、これから運転する自動車がある事業所をBとします。Bの事業所の自動車を運転する場合は、B事業所の安全運転管理者の立ち会いのもとでB事業所が所有しているアルコール検知器を用いて測定し、測定結果をA事業所の安全運転管理者へ電話や無線、オンライン会議ツールなどで運転者に報告させます。そうすることで、運転者は酒気帯びの有無の確認を受けたと見なされます。

安全運転管理者の不在時

安全運転管理者が不在の場合、安全運転管理者の業務を補助する人物、あるいは副安全運転管理者が酒気帯びの有無を確認する形で問題ありません。

点呼確認を効率化するクラウド型アルコールチェッカー

点呼確認には時間とコストがかかるうえに、なりすましのリスクもあります。また、直行直帰のケースでは酒気帯びの確認が困難です。この場合は、さまざまなリスクを軽減し、点呼確認を効率化できるアルコールチェッカーを使用しましょう。

オートバックスセブンのクラウド型アルコールチェッカー「ALCクラウド」は、安全運転管理者と運転者の手間やコストを削減できます。その特徴について詳しく見ていきましょう。

遠隔地でのアルコールチェック

ALCクラウドは、スマートフォンと連携することで、チェックした場所や日時、顔写真を記録できます。そのため、なりすましや虚偽報告の防止に役立ちます。また、測定者の氏名と測定結果も確認できます。

測定データの即時クラウド記録とダウンロード

測定データはクラウド上へ即座に記録されます。記録された測定データは安全運転管理者がPCやスマホ上から確認することができ、クラウド上からデータをCSVダウンロードして確認することもできます。記録を紙で残す必要もなく、紛失のリスクもありません。

安全運転、交通事故防止の観点から、正しい方法で点呼を行うことが求められています。2022年の法改正に向けて、アルコール検知器の準備を進めているものの、どの製品を選ぶべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。ALCクラウドは無料トライアルで実際の使用感を確認できますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

オートバックスセブンのクラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」はこちら

関連記事はこちら

【社用車管理】出張時のレンタカー使用時や直行直帰時のアルコールチェックはどう行う?

【社用車管理】出張時のレンタカー使用時や直行直帰時のアルコールチェックはどう行う?

安全運転管理者は、要件を満たした事業所への配置が義務付けられています。2022年4月1日から目視での酒気帯びの有無の確認が業務内容に追加されました。点呼確認の際…

安全運転管理

【社用車管理】白ナンバー事業所のアルコールチェック義務化について解説

【社用車管理】白ナンバー事業所のアルコールチェック義務化について解説

安全運転管理者は、要件を満たした事業所への配置が義務付けられています。2022年4月1日から目視での酒気帯びの有無の確認が業務内容に追加されました。点呼確認の際…

安全運転管理

アルコールチェッカー(検知器)導入時に考えておくべき運用ルール【社用車管理】

アルコールチェッカー(検知器)導入時に考えておくべき運用ルール【社用車管理】

安全運転管理者は、要件を満たした事業所への配置が義務付けられています。2022年4月1日から目視での酒気帯びの有無の確認が業務内容に追加されました。点呼確認の際…

安全運転管理

【社用車管理】安全運転管理者の義務と罰則とは? アルコール検査義務化でどう変わる?

【社用車管理】安全運転管理者の義務と罰則とは? アルコール検査義務化でどう変わる?

安全運転管理者は、要件を満たした事業所への配置が義務付けられています。2022年4月1日から目視での酒気帯びの有無の確認が業務内容に追加されました。点呼確認の際…

安全運転管理

ページトップに戻る