必見!社用車管理 安全運転管理者の方へ

AUTOBACS SEVEN

必見!社用車管理
安全運転管理者の方へ

アルコールチェッカー(検知器)の原理と種類について説明

アルコールチェッカーについて知る

アルコールチェッカー(検知器)の原理と種類について説明

道路交通法の改正によって2022年10月以降、乗車定員が11人以上の白ナンバー車を1台以上保持、または白ナンバー車5台以上を保持する企業に対して、運転者へのアルコールチェッカー(検知器)を使用した酒気帯び検査が義務化されます。これに伴い導入を検討している企業の中には、どのアルコールチェッカー(検知器)を選ぶべきか迷っているところも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自社に合った最適な検知器を選ぶために知っておくべき、アルコールチェッカーの原理と種類について詳しく解説します。

アルコールチェッカーの原理

アルコールチェッカー(検知器)は、大きく分けて「半導体式アルコールチェッカー」と「電気化学式アルコールチェッカー」の2つの種類があり、アルコール濃度を測定する原理が異なります。ここではまず、種類による原理の違いをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

半導体式アルコールチェッカーの原理

半導体式アルコールチェッカーのセンサー部分には、金属酸化物半導体が内蔵されています。金属酸化物半導体というのは、酸素に触れると酸化する性質があり、その濃度によって変化する電気抵抗値からアルコール濃度を測定するのが半導体式アルコールチェッカーの原理です。

人の体は飲酒をするとアルコール成分によって酸素量が減少するため、抵抗値は低くなります。つまり、電気抵抗値が低ければ低いほど、呼気中のアルコール濃度が高く酒気帯びであることを意味するのです。

電気化学式アルコールチェッカーの原理

電気化学式アルコールチェッカーの原理は、呼気に含まれているアルコールガスを燃料として電気を発生させ、その数値によってアルコール濃度を測定するというもので、燃料電池式とも呼ばれています。呼気中のアルコール濃度が高ければ高いほど、電気の発生量が高くなるのが特徴です。

半導体式アルコールチェッカーのメリット・デメリット

アルコールチェッカーには半導体式と電気化学式の2種類があって原理が違うことがわかりましたが、実際にアルコールチェッカーを選ぶ際には、それぞれのメリットとデメリットについても正しく理解しておくことが大切です。

まずは半導体式アルコールチェッカーのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット

半導体式アルコールチェッカーの一番のメリットは、価格の安さです。半導体式アルコールチェッカーは電気化学式と比べてセンサーのコストが割安なため、例えば事業所単位で多数のアルコールチェッカーを導入する必要がある場合でも初期コストを抑えることができます。

また、半導体式アルコールチェッカーのセンサーは小型のものが多く、検知器本体を小さく仕上げることが可能です。そのため、持ち運び可能なモバイル型で一般的に採用されています。

さらに、シンプルな検知方法によって、素早く測定できるというのも半導体式アルコールチェッカーのメリットのひとつと言えるでしょう。

デメリット

一方、デメリットとしては、半導体式アルコールチェッカーは環境の影響を受けやすく、アルコールに近い成分にも反応しやすいという点が挙げられます。例えば、歯磨き粉などに含まれているキシリトールや薬などに反応してしまい、アルコールを摂取していないのに検知されてしまうこともあります。

電気化学式アルコールチェッカーのメリット・デメリット

次に、電気化学式アルコールチェッカーのメリットとデメリットについて詳しく見てみましょう。

メリット

電気化学式アルコールチェッカーのメリットは、その検知精度の高さです。電気化学式アルコールチェッカーは、アルコール成分を燃料として電気を発生させる原理によって呼気中のアルコール濃度を測定するため、アルコール以外のガスに反応することはほとんどありません。同様に、食事や歯磨き、薬などにも影響されにくく、周囲の環境に影響を受ける可能性が少ないのも大きなメリットです。

デメリット

一方、デメリットとしては高い精度を保つことができる反面、検知原理が複雑で製造コストが高く、電気化学式アルコールチェッカーは半導体式アルコールチェッカーと比べて割高になりやすいという点が挙げられます。校正と呼ばれる精度の調整など、メンテナンス費用も高く、維持費がかるのもデメリットと言えます。

また、センサーがアルコール濃度を検知するまでやや時間を要するため、半導体式アルコールチェッカーと比べると検査に時間を要します。

ひと口にアルコールチェッカーと言っても、種類によってその原理やメリット・デメリットは異なります。初めてアルコールチェッカーを導入する場合には、自社の運用方法に適しているのか、まずはトライアルをしてみるのがおすすめです。

アルコールチェッカーの導入をご検討の際は、オートバックスセブンのクラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」について、ぜひお気軽にお問い合わせください。

オートバックスセブンのクラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」はこちら

ページトップに戻る