必見!社用車管理 安全運転管理者の方へ

AUTOBACS SEVEN

必見!社用車管理
安全運転管理者の方へ

アルコールチェッカーの価格帯と相場について。価格で機能はどう変わる?

アルコールチェッカーについて知る

アルコールチェッカーの価格帯と相場について。価格で機能はどう変わる?

2022年10月からの改正道路交通法施行に向けて、対象となる事業所ではアルコールチェッカーの導入準備が進められていることと思います。その一方で、会社から安全運転管理者を任されている方の中には、どのアルコールチェッカーを選んだら良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アルコールチェッカーの価格帯と相場について、価格と機能の関係性について詳しく解説していきます。

アルコールチェッカーの価格と機能の関係

アルコールチェッカーは計測方式によって「半導体式アルコールチェッカー」と「電気化学式アルコールチェッカー」の2つに分類されます。

まずはそれぞれの特徴、価格の相場と機能の関係について詳しくみていきましょう。

半導体式アルコールチェッカーの価格

半導体式アルコールチェッカーは、金属酸化物半導体が内蔵されたセンサーの表面に付着した酸素量で変化する電気抵抗値によって、体内のアルコール濃度を調べる検知器を指します。飲酒によって呼気中の酸素濃度が下がると抵抗値も下がり、体内のアルコール濃度が高いということになります。半導体アルコールチェッカーは測定時間が短いため手軽に検査ができるのが特徴ですが、キシリトール成分やうがい薬などアルコール以外の成分にも反応してしまうことがあり、測定環境に影響を受けてしまうこともあります。

価格は比較的手頃で、2000円台のものも少なくありませんが、センサー部分には寿命があるため1年〜1年半で買い替えが必要なものが一般的です。

電気化学式アルコールチェッカーの価格

電気化学式アルコールチェッカーは、呼気に含まれているアルコールを燃料として電気を発生させ、その値でアルコール濃度を測定するという仕組みの検知器です。アルコール以外にはほとんど反応することがないため、測定環境に結果が左右されることがなく高い精度で計測ができ、長期間使用することができます。

ただし、検知の仕組みが複雑なため、半導体式アルコールチェッカーと比べると価格はやや割高です。

アルコールチェッカーの買い替え頻度

アルコールチェッカーは、センサー部分で呼気中に含まれているアルコール濃度を測定しますが、このセンサーは使用頻度や使用年数によって寿命があります。寿命を超えたアルコールチェッカーは使えなくなってしまったり、測定の精度が下がってしまったりするため、適切なタイミングで買い替えをすることが大切です。

買い替えの目安は機種やメーカーによっても異なりますが、一般的には「購入後1年〜1年半」または、「測定回数が1000回〜5000回」がひとつの目安となるでしょう。アルコールチェッカーの中には本体そのものを交換しなくてはいけないものと、センサー部分の交換だけで済むものがありますので、導入後の使用頻度や導入台数などによってどちらを選ぶべきか決定するのがおすすめです。

アルコールチェッカー導入時のポイント

では、実際にアルコールチェッカーを導入する場合、どのような点に気をつけたら良いのでしょうか。ここでは、選び方のポイントを詳しく説明していきます。

事業拠点が1カ所だけの場合

事業所の拠点が1カ所だけで、始業時と終業時に必ず事業所にドライバーが立ち寄る場合には、据え置き型のアルコールチェッカーがおすすめです。第三者が必ず立ち会って検査を行うことができるため、不正防止の高い効果が期待できます。

直行直帰などがある場合

営業職など勤務によって事業所には立ち寄らずに直行直帰をする場合や、出張先でもレンタカーなど利用して車を運転する場合などは、社員が持ち運びできる携帯型のアルコールチェッカーを選びましょう。成りすましなどの不正を防止するためには、遠隔で計測結果が確認でき、クラウドタイプのものや位置情報などが確認できるものも便利です。

測定結果の精度を重視する場合

高い精度で正確なアルコール検査を重視するのであれば、検知方式にもこだわる必要があります。電気化学式アルコールチェッカーは、アルコール以外のガスにほとんど反応することがないためおすすめです。

ある程度の精度で良いという場合

導入台数が多く、精度よりも価格を重視したいという場合におすすめなのが、半導体式アルコールチェッカーです。電気化学式アルコールチェッカーと比べて、測定時間も短いためスピーディな計測ができます。ただし、ノンアルコール飲料のように微量なアルコールを含んでいるものや、風味づけにウイスキーなどが使われているお菓子、キシリトールなどにも反応することがあり、測定時の環境に影響を受けやすいため注意も必要です。

アルコールチェッカーの導入準備を進めるにあたって、どの製品を選べば良いのかお悩みの場合には、ぜひ上記でご紹介した内容を参考にしてみてください。初めてアルコールチェッカーを導入する場合には、自社の運用方法に適しているのか、まずはトライアルをしてみるのがおすすめです。クラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」について、ぜひお気軽にお問い合わせください。

オートバックスセブンのクラウド管理型アルコールチェッカー「ALCクラウド」はこちら

ページトップに戻る